フランチャイズによる訪問マッサージ業の収益は?

フランチャイズによる訪問マッサージ業の収益は?

フランチャイズ営業というと、多くの方が今まで経営経験がなくても簡単にオーナーになれるものと思われることでしょう。
営業の大半が本部が担うため、オーナーは自身の業務に専念をすることが可能です。
さまざまなサービスで展開をされていますが、昨今では高い需要を記録しているのが訪問マッサージ店です。
各地で色んなFC名で設置をされており、個人宅などにスタッフを派遣されています。
簡単にフランチャイズ経営による訪問マッサージの収益を見ていくことにします。
まずFCだと毎月決まったパーセンテージの割合でマージンを支払わないといけません。
金額ではなくパーセンテージとあるのがポイントです。
割合では15パーセントと定めているところが多い傾向です。
のこりの85パーセントが収益となりますが、設備から店舗費用などに加えて、スタッフを雇用していたら給与も支払わないといけません。
受け取れる金額は毎月約50万円前後となるのが基本です。

訪問マッサージはフランチャイズを利用するケースも

訪問マッサージでは、いわゆる独立型で開業することも十分に考えられますが、フランチャイズを利用するケースもあります。
コンビニが代表的な事例ですが、オーナーは別にそのチェーンの社員ではありません。
社員ではないけれども契約を結び、対価を支払う代わりに開業の支援を受けたり、経営のサポートを受けたりしています。
もちろんコンビニの場合は販売する商品の仕入れも本部の指定するルートですが、これは訪問マッサージにはあまり関係がありません。
また重要なこととして個人では限界のある知名度とかブランド力についても本部を活用することができます。
加盟料は決して安くはないことが多いのですが、このように経営の初心者であっても強力なサポートを受けられること、最初からブランド力が得られることから、安定的に運営したいのであれば加盟を検討しても良いでしょう。
最初は話を聞いてみるだけでも良く、納得してからの決断でももちろん構いません。

訪問マッサージに関する情報サイト
訪問マッサージ店を開業したい方へ

このサイトでは、これからフランチャイズ契約で訪問マッサージ店を開業するコツをご紹介します。今まで経営を行ったことがない初心者が把握をしたいポイントと注意とは一体なんでしょうか。昨今では幅広い年代に需要があるサービスで、初めての経営でも高い収益を得られる業種になっています。少しでも高い収益をあげて業務を拡大するコツも見ていきます。円滑な開店と成功の秘訣にも触れるので、これからオープンを目指す方の参考になれば幸いです。

Search